BLOG

自由が丘のパーソナルトレーニングジムで、30代女性のボディメイク!

2018/12/23
パーソナルトレーニング女性

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムHEART BODYです。

 

女性のボディメイクは、より繊細に。

 

ダイエット、ボディメイクをしようと思った時に、一般的にはダンベルやバーベルを使った『筋トレ』をイメージする方も多いと思います。

 

でも、ここで覚えておいて頂きたいのが、

『重たい重りを持ってトレーニングを頑張ったからと言って、キレイなボディラインになれるわけではない』

 

という事です。

 

最近、ダイエットを目的としたパーソナルトレーニングが流行ってきていて、女性専用のジムも増えています。

 

食事制限して、筋トレを頑張れば結果はでます。

 

でも、結果に差が出るのは、トレーニングの内容です。

(食事の方が体重や数字には影響が出ますが、ここではトレーニングの話を挙げています。)

 

特に女性。

 

女性の目指すボディラインはいい意味でわがままで、『筋肉はつけたいけど、太ももは細くしたい!』というような願望がある方は結構います。

 

けど、筋肉がつけば太くなります。(ここで矛盾します。笑)

 

しかし、このわがままに応えるには、正しいカラダの使い方をマスターしながら、つけるべき所に筋肉をつけて、絞るところは絞る。

 

という結果へ導く事です。

 

これには、いわゆるバーベルを担いだスクワットや、胸のトレーニングの代表ベンチプレス、カラダをおこす腹筋をたくさんやる、という方法では難しいケースが多々あります。

 

でも、女性にもこればかりを指導するトレーニングジムは実は結構あるようです。

 

男性なら、筋肉を肥大させてかっこいいカラダにする為に、このようなトレーニングをするのは分かります。

 

ただ、女性のボディメイクは違います。

 

正しく太ももやお尻の筋肉を使えてない状態でのスクワット。

猫背を助長したり肩を大きくしてしまうケースのベンチプレス。

背中の丸まり股関節が上手く使えていない状態でのデッドリフト。

 

これは実際に、過去に他のパーソナルジムやパーソナルトレーナーに指導を受けていたというお客様のトレーニング内容を効いたり、トレーニングフォームをみて感じている事です。

 

このような状態でのウェイトトレーニングは、筋肉量は増えるかもしれませんが、ボディラインのバランスは崩れる可能性があります。

 

ちゃんと股関節やお尻を使ってスクワットができているか?

ベンチプレスよりもプッシュアップの方が良いケースではないか?

背中がまっすぐで股関節のしっかり使えたフォームでデットリフトができているか?

お腹やお尻のインナーマッスルがしっかり使えているか?

バーベルトレーニングよりも優先的に必要なトレーニングがないか?

 

例えばこのような事を、細かくパーソナルトレーニングでマスターして頂く事で、

 

痩せてもメリハリのある綺麗なボディライン。

お尻キュッと上がり、太ももはほっそり引き締まった美脚ライン。

O脚やX脚の改善した、まっすぐな脚。

背中や二の腕の引き締まった、美姿勢ボディ。

 

など、女性らしいしなやかなボディラインが仕上がってきます。

ひたすらバーベルやダンベルで追い込むトレーニングやきついだけののトレーニングでは、多くはこうはなりません。

 

あなたはどんな痩せ方をしたいですか??

 

男性のトレーニングと女性のトレーニングとでは、全く違う視点でのボティメイクが必要になり、それが結果に繋がる。

 

という事を覚えておいてくださいね。

 

 

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジム

30代からの姿勢改善&スタイルアップ専門

HEARTBODY自由が丘

 

カウンセリング・体験トレーニング受付中!