BLOG

自由が丘のパーソナルトレーニングジムで、30代からの体質改善!

2019/06/14
30代からのパーソナルトレーニングジム

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムハートボディ代表の江川です。

 

『代謝を上げて、脂肪が燃えやすいカラダへ』

 

これが、リバウンドせず、将来の健康なカラダを作り上げながら、ダイエットを成功させる重要なポイントだと考えています。

 

特に30代以降は、代謝が下がっていきます。ここのアプローチを間違えないようにしましょう!

 

最近では、糖質制限ダイエットが流行っていますが、それによって、一時的にカラダは痩せるものの、カラダが冷える、フラフラする、便秘になる、パワーが出ない、肌の調子が悪い、などといった、いわゆる不具合がカラダに現れるケースを、多々聞きます。

 

糖質、中でもブドウ糖という栄養素は、脳のエネルギー源であったり、カラダの構造の材料の重要な栄養素でもありますから、それらがカラダから不足した場合、カラダに不具合が起こる事は、なんとなく想像ができるのではないでしょうか?

 

健康的に痩せて、リバウンドせずに将来の健康的なカラダのベースを作るためには、糖質は、必要量食べて頂く事が、経験も踏まえた上での現在の私の考え方です。

 

最近では、

 

・ごはんを食べるようにしたら、体重が減り出しました。

・ごはんをしっかり食べたら、体温が1℃上がりました。

・ごはんを食べても太らないんだ、という事が分かりました。

・ごはんを減らしても、私の場合、痩せない事が分かりました。

 

このような声を、パーソナルトレーニングを受けられているクライアントから頂いております。

 

現代の日本人は、ダイエットにおいて糖質を悪者にしてしまうケースがとても多いように感じています。

 

先日、あるK-1選手も減量についてこう言っていました。

 

『糖質を食べるようにしたら、体温が35℃台から36℃代に上がりました!』

 

と。

 

体温が1℃下がると、免疫力が30%低下すると言われています。

 

もちろん、脂肪も燃えにくい状態となります。

 

体温を上げるには、 まず食べる事 。 栄養をしっかりと摂ることが出来ているかを、チェックします。

 

体温に関わる血液も、食べた物によって作られていますから。カラダに必要な栄養が十分入ってきていないのに、そこから更に糖質を制限して栄養を減らすと、

 

痩せるどころか、カラダに負担をかけて体調を壊す人もたくさんいます。

 

食べないダイエットから、食べるダイエットへ。

 

パーソナルトレーニングでは、トレーニングは当然ですが、栄養面もしっかりアドバイスさせて頂きます。

 

目先の成果よりも、その先にある、『 あなたが在りたい未来の姿 』ここから逆算して、ダイエットの方法、パーソナルトレーニングジムを探してみませんか?

 

 

30代からの姿勢改善&スタイルアップ専門

パーソナルトレーニングジム

HEARTBODY自由が丘