BLOG

疾病は「治す」から「未然に防ぐ」時代へ。自由が丘のプライベートジムのブログ。

2020/04/28
健康とパーソナルトレーニング

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムHEARTBODY代表の江川陽介です。

 

『 疾病は「治す」から「未然に防ぐ」へ、世界はようやく舵を切った 』

 

アメリカのサム・レンボーグという博士の言葉です。

 

この意味は、とても深く、今を生きる私たちにはとても重要な意味を持つと思います。

 

彼の父、カールレンボーグもまた、サプリメントの生みの親とも言われ、80年以上も前から、ビタミンやミネラルなどの微量栄養素の不足が、多くの疾病を引き起こしていると考え、研究を続けた博士でした。

 

今でこそ、サプリメントは当たり前の世の中ですが、当時はビタミンという概念もない時代、その必要性を伝えるのは簡単ではなかったと思います。

 

疾病は、なったら治すもの?

 

いいえ、彼は分かっていました。

 

疾病は「未然に防ぐもの」だと。

 

だからこそ、必要な栄養と植物の研究と、それをどうやって普及させるかを模索し続けていたのだと思います。

 

今でこそ、「未然に防ぐ」という考えが浸透してきていますが、

 

時代がようやく、カール博士の研究に追いついてきたのだと思います。

 

有名な画家ゴッホもまた、彼の絵が有名になったのは、亡くなった後でしたね。。

 

 

さて、ここまでがカールレンボーグ博士と、その息子サムレンボーグ博士のお話になりますが、

 

私は、この彼らの考え方にとても共感しました。

 

疾病は、なってから治すものではなく、予防する時代であると。

 

その考え方にならって、ハートボディでは「健康作り」には徹底的にこだわっています。

 

ダイエットやボディメイクをしながら、疾病を予防するために必要な栄養の知識も身に着けて頂きたいと考えています。

 

だから、ダイエットプログラムもすべて ”ごはんは食べる” ”栄養を飽和させる”という前提で作っています。

 

正直、いま急増してますが、

 

体重ばかりを目標にして過剰な糖質制限しか教えないような、短期ダイエットスタイルのパーソナルジムとは、

 

考え方も情報量も全く違いますから、全く別物だと思って下さい(笑)

 

その証拠が、”お客様の声”です!ぜひ、ご覧くださいね、

 

実際、そういうパーソナルジムに通ってた方が、リバウンドはやり方に疑問を感じて、どんどん流れてきてますので。

 

人のカラダは、モノじゃないので、大切に大切に考えています。

 

ビジネスの食い物にされないように、気を付けて下さいね。

 

というのが、13年間トレーナーをしてきて、現場や時代を見てきている、私の考えです。

 

カラダの材料(栄養・水・空気)を選び間違えると、あなたの未来が変わってしまいます。

 

一生付き合っていくカラダの事ですから、ちゃんと学んでおいた方がいいですよね。


 

新型コロナウイルスに関しても、いろいろな見解がありますが、外出の自粛が解けたら、みなさんの健康作りのお役に立てたらと思います。

 

5月7日以降の無料カウンセリング、体験パーソナルトレーニングの予約は受け付けておりますので、お問い合わせ下さい。

 

 

5年後10年後も健康で美しいカラダの作り方が学べる

パーソナルトレーニングジム

HEARTBODY自由が丘