BLOG

ダイエットが成功する、正しい体重の見かた、後編!

2020/05/28
ダイエットが成功する、正しい体重の見かた

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムハートボディ代表の江川です。

 

『体重を測るときの注意点』って皆さんご存じですか?

 

ダイエットを頑張ってる方で、体重の数字で効果を測定する方は多いと思います。でも、その体重の測定の仕方を間違えると、せっかくダイエットを頑張ってるのに、正しい体重の測り方知らないために、失敗を繰り返してしまう方も多いです。

 

体重を測るときの注意点について、HEARTBODYチャンネルにアップしましたので、あなたのダイエットの成功に役立てて頂けたら嬉しいです。

 

「ダイエットが成功する、正しい体重の見かた、後編!」

 

見てみて、「なるほど~」や「勉強になった!」と思われましたら、イイね!ボタンを押して頂けると嬉しいです。

 

※前編と合わせてみて頂くと、更に理解が深まりおススメです!

 

さて、こちらでも「体重を測定する時の注意点」について情報をお届け致します!

 

ポイントは2つあります。

① 体重はなるべく同じ条件で測定する。

② 毎日の数字で比較しない。

 

です!

 

①体重はなるべく同じ条件で比較する。

 

 よく「体重っていつ測るのが良いですか」というご質問を頂きますが、その答えにもなります。一番いいのは、「朝、同じ時間に、お手洗いを済ませてから」測定するのが一番いいです。

 

 何故かと言いますと、体重は日々色々な要因で変化する(影響を受ける)からです。例えば、お手洗いを済ます前と後、ご飯を食べる前と後、コップ1杯のお水を飲む前と後、このいずれも、前と後では体重が変わるのは想像がつくのではないでしょうか?

 

 数字で比べるなら、なるべくフェアな条件で比較しなくては、正しい効果測定ができません。意外と、そういった事を気にせずに、

 

『朝と夜で体重が1キロの増えました・・!!』

『いつもお風呂前に測ってます!』

 

というように、ちょっとした測定の比較のコツを知らない事で、メンタルをブラされてしまう方が意外と多いです。

 

頑張ってるのに、ちょっと知らないだけで本当にもったいないと思いますので、『朝、同じ時間に、お手洗いを済ませてから』を基本にしてみて下さいね。

 

朝の同じ時間が難しい方は、なるべくフェアにご自身のライフスタイルの中で、測定比較しやすい条件を当ててみて下さい。

 

 

② 毎日の数字で比較しない。

 

 これは、『体重は毎日測った方が良いですか?』というよくあるご質問の回答にもなります。

 

 測定は毎日していって大丈夫です。しかし、1日1日の数字の比較で成果をみてしまうと、どうしても効果が見えにくいです。微妙に上がったり、下がったりすることもあるからです。

 

 なので、体重は毎日測って大丈夫ですが、一番効果が安定する体重比較のスパンは、「1週間スパン」です。これを、ご自身で、月曜日なのか、水曜日なのか、土曜日なのか。1か所決めて頂いて、その時点で変化が、先週よりも体重が下がっている(または効果が出ている数字の変化)となればOKです。

 

 体重の推移を折れ線グラフで見せてくれるアプリをイメージして頂きたいのですが、その折れ線グラフが、1週間ごとに平均して変化していればOKという事です。

 

 毎日の測定値で比較すると、前日に外食したりすれば増えやすいですし、そこで一喜一憂するのは気持ちが持ちません。そこで、1週間スパンで見る事で、平均的に下がっていく(効果がでている)形になっていれば、成果は出ている、というように判断すれば、より安定的に成果がでます。

 

 例え明日の体重がガガっと増えてしまっていても、1週間後に元よりも下がっていれば大丈夫という事です!乱れても、そうやって調整していけばいいんです。

 

 目先の数字だけにとらわれないようになる事が大事なんですね!

 

 

以上です。参考になりましたでしょうか?

 

 

言葉ではうまく伝わりにくい部分もあるかもしれませんが、数字の見かた、タイミング、スパンなど、体重測定1つにとっても、いろいろなポイントやテクニックがあるので、今回の情報が皆さんのダイエットの成功につながっていったら最高です!

 

 

5年後10年後も健康で美しいカラダの作り方を学べる

パーソナルトレーニングジム

HEARTBODY自由が丘