BLOG

ダイエット、アンチエイジング、健康長寿の秘訣の一つは、水!

2020/08/21
水とダイエット

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムHEARTBODY自由が丘代表の江川陽介です。

 

『 カラダの60%は水でできている 』

 

これはシンプルですが、非常に重要な観点です。

 

なぜなら、水は 一生摂り続けるもの であり、不足すれば 老化やカラダの不具合にもつながるからです。

 

 

一つ、面白いエピソードをご紹介します。

 

昔、“伊達政宗”という戦国大名がいました。(名前くらい皆さんご存じかと思います)

 

 伊達政宗は有名な方ですが、天下をとりたかったのですが、当時、徳川家康やド豊臣秀吉といった強い武将がいた時代という事もあり、「天下をとるにはどうしたらいいか?」を考えていたそうです。

 

そこで考えたのが、 「彼らよりも長く生きて、その後に天下を狙ってやろう」 という戦略でした。

 

※当時の平均寿命は、40歳前後です。

 

そこで、伊達政宗は“長寿”と言われているもの達を呼び出し、色々と長生きの秘訣を探ったのです。

 

そこで全員に共通していて分かった事が、 『水をしっかりと飲んでいる事』 だったのです!!

 

そして結果的に伊達政宗は、当時平均寿命が40歳という時代に、なんと 70歳 まで生きていたのです!!

 

 

凄いと思いませんか?今私たちの時代は80歳くらいは生きますから、現代で言えば140歳まで生きているようなものです‼

 

このエピソードを聞いて、皆さんはどう感じましたか?

 

もちろん他にも要因はあると思いますが、 水がカラダの60% を占めているという事は、それだけ影響力が大きいという事です。

 

カラダを作る割合は、

 

栄養  40%

水   60%

空気 100%

 

です。これは体質改善の基本の考え方で、比率の高いものから影響度が高いので、水と空気はあなたのカラダをダイレクトに作っています。

 

その質が良いか、悪いか。

 

その量が足りているか、不足しているか。

 

これによって、あなたのカラダの未来は変わってきます。

 

もちろん、栄養(食べ物)も大事ですが、比率で考えたら、水と空気の方が影響度が高いんですね、実は。

 

そして意識は見えるもの(ここで言えば食べ物)にいきやすいです。

 

しかし空気と水は、透明ですし、見えません。

 

見えないものだから、見ないままにするのか?

 

見えないものだからこそ、見ようとするのか?

 

この観点は、とても大切で、両者の未来の健康状態や若さなどは圧倒的な差がでてきます。

 

だからこそ、私は口酸っぱく 水 や 空気 の話をします。

 

そこにこだわるだけで、色々な悩みが解消される事も、分かっておりますで。

 

最近のダイエットネタは、食べ物や栄養の事ばかりです。

 

その前に、水や空気の質や量をお忘れになっていませんか?

 

・水をしっかり飲むと、代謝が上がって痩せやすくなる

・水をしっかり飲むと、肌がターンオーバーも進み肌がきれいになりやすい

・水をしっかり飲むと、免疫力も上がりやすい

 

・空気がきれいになると、呼吸が深く入り良く眠れる

・寝室の空気が良いと、疲労回復力が上がりやすい

・アレルゲンやハウスダストはぜんそく発作の一つの要因

・空気は一生で一番食べる栄養でもある(1日の呼吸数は約21,600回)

 

トレーナーやトレーニング指導している方でも、意外とそれを生活ベースで落とし込めている方は少ないと思います。

 

水と空気の質の整え方、対策の仕方、規格の比べ方など。

 

私の場合はこれらを全て知識を知恵としてお伝えしていきますので、実践的です。

 

水は一生摂り続けるもの

 

空気は一生吸い続けるもの

 

今日はこの重要性について伝わったらいいなと思います。

 

どんな水が理想なのか?どんな空気環境が理想なのか?は、またの機会にお伝えできたらと思います。

 

伊達政宗の長寿の秘訣のエピソード、彼の実体験から学ばせて頂いたことを、ぜひあなたやご家族に活かして下さいね(^_-)-☆

 

あなたは水をしっかり(2L)飲めていますか?

 

 

5年後10年後も健康で美しいカラダの作り方が学べるジム

パーソナルトレーニングジム

HEARTBODY自由が丘