BLOG

キレイに引き締めたかったら、筋トレの前にするべき事。

2020/10/23
骨格矯正トレーニング

東京自由が丘のパーソナルトレーニングジムハートボディ代表の江川陽介です。

 

『 キレイにカラダを引き締めたかったら、まずは骨格ライン整える事 』

 

これです。

 

最近はボディメイクジムが流行り、いわゆるダイエットをパーソナルトレーナーと二人三脚で頑張る人が増えました。

 

しかし、特に女性の方は、

 

・痩せて筋肉をつけたいです!

・脚のラインを細くして、筋肉をつけて引き締めたいです!

・O脚を良くしたい!姿勢を良くしたい!

・代謝を上げてリバウンドしにくいカラダになりたい!

 

というボディメイクを希望する方が、多いのではないでしょうか?

 

そうなった時に、例えば男性と同じようなガンガン追い込むようなトレーニングをしていては、実はおそらく想像されているキレイなカラダのラインは作れません。

 

細く綺麗に引き締まったカラダを作りたいのであれば、まずやるべきことは、

 

骨格ラインを整える事

 

だからです。

 

ここをすっ飛ばしていきなりダンベルやバーベルをかついでトレーニングをするとしたら、順番が間違っていますから、体重を落としたり、筋肉をつけたりすることはできるかもしれませんが、

 

引き締めたい場所を引き締めて、つけたい場所に筋肉をつける事は難しいでしょう。

 

分かりやすく例を挙げると、

『ダイエットで筋トレも初めて、体重は落ちて痩せたけど、太ももが細くならない。』

 

こんな話はよく聞きます。もしくは、筋トレしたら太ももが太くなってしまった。とか。

 

これは、やり方が間違っていたわけですよね?

 

単純に負荷をかけすぎているのかもしれないですし、もっと前提として、骨格ラインが歪んだまま重たい負荷でトレーニングをしてしまっているからかもしれません。

 

ここを知らずに、食事制限して、ひたすらベーシックな筋トレをするジムやトレーナーが、正直少なくはないので、これからパーソナルトレーニングジムへ通う方は、色々と考え方ややり方をみてみると良いと思います。

 

 

実際のところ、女性のトレーニングで最初にみているのは、姿勢や骨格ラインです。

 

骨格ラインは分かりやすく言うと、O脚や猫背ですね。

 

骨格ラインは、基本的にインナーマッスルで支えられていますから、お腹や背中、お尻周りのインナーマッスルを適正化していく事で、骨格というカラダの土台が整います。

 

そこから、筋トレで負荷をかけて筋肉を必要なところに必要なだけつけていくのです。

 

歪んだお家のまま補強しても、お家の強度やバランスはよくならないのと同じように、

 

まずお家の歪みを整えて、そこから補強をするべきです。

 

あなたのカラダも同じです。

 

誰でもちょっと学んだらできるような、流行りのパーソナルトレーニングは提供していませんので、まだまだカラダは未知な事もありますが、ぜひ候補ジムの一つ、またはジムを変えたいと思っている方は、体験トレーニングにいらして下さいね。

 

 

5年後10年後も健康で美しいカラダの作り方が学べるジム

パーソナルトレーニングジム

HEARTBODY自由が丘

 

--★-------

Instagram紹介

▶代表/トレーナー 江川陽介 @trainer_egawa02

▶美姿勢美脚トレーナー CHSATO @nico1115

▶ハートボディ公式 heartbody_jiyugaoka

------★---