BLOG

思い込みを外そう!ダイエットでよくある勘違い解説編②

2023/01/16
自由が丘のパーソナルトレーニングジム

自由が丘のパーソナルトレーニングジムHEARTBODY代表の江川です。

 

前回に続き、ダイエットでよくある勘違い・思い込みの【重症編】の後半の解説をしていきます。

 

今回も該当する方がおりましたら、変化のきっかけになれば幸いです!

 

【思い込み重症編】・・・今回は下から4つの解説です。

・糖質を食べると太ると思っている

・カロリー計算通りやれば痩せると思っている

・プロテインは太ると思っている

・ダイエット中は基本サラダ

・夜遅くになったら夕飯は食べない

・運動をすれば痩せると思っている

・体重を落とすことがダイエットだと思っている

・野菜を摂るようにしているからサプリメントは必要ない

 

【解説】

 

◎夜遅くなったら夕食は食べない

 ⇒全体量は減らしても、必要な栄養素は摂りましょう。

 お気持ちは分かりますが、消化に負担のかかりにくいものを中心に、必要な栄養は摂りましょう。確かに夜遅くは、全体量や内容に注意して食事を選んだ方が良いです。

 

 しかし、欠食をしてしまうとカラダが冷えたり筋肉量を減らしてしまうリスクもあり、リバウンドの可能性が上がります。また低血糖により、睡眠の質が下がってしまう可能性もあります。

 消化に優しいものを意識して頂き、半分量のご飯や、主菜、副菜を食べる程度であれば問題ありません。その分、不足した栄養をカバーする為に、プロテインやマルチビタミンミネラルのサプリメントで補って頂くと良いですね。

 

 あくまでも、必要な栄養を摂って代謝と筋肉量を高めていく事が、最終的にみなさんの理想とするダイエットの結果になっていくと思います。

 

◎運動をすれば痩せると思っている

 ⇒運動をしても痩せられない方もいます。

 運動をすれば痩せると思い込んでいる方は、とても多いと思います。しかし、実は運動を一生懸命しているのに痩せない方は、意外といらっしゃいます。

 それは、栄養不足が原因です。栄養不足が原因で、脂肪が燃やせない、筋肉がつかないという事が起こります。そうすると、せっかく頑張っているのに変わらない⇒ストレス⇒挫折 という負のスパイラルに陥ります。

 

 例えば、筋トレは筋肉に負荷をかけて、修復する過程で”材料があるから”修復できます。しかし、この材料が無かったら、筋肉を作りたくても作れません。ですから、栄養が足りなさすぎると、いくら運動を頑張っても結果が出ません。

 

 実際に、HEARBTODY自由が丘に通われている方でも、運動をしてもなかなか痩せなくていらっしゃる方もいらっしゃいました。基本的には、バランスよく食べて、プロテインやサプリメントで栄養量を上げる事で、トレーニングと併用する事で変化していきました。

 

 本当は、 栄養⇒運動 の順番が、必要な優先順位なのです。

 

◎体重を落とすことがダイエットだと思っている

 ⇒体重以外にも、体脂肪率や筋肉量をチェックしましょう!

 確かに、体重はダイエットの成果の指標ではあります。しかし、根本的にダイエット目的は、痩せてキレイになりたかったり、理想的なスタイルになって好きなファッションを楽しんだりが根本にあると思います。

 そうすると、究極は体重はいくつでも見た目が理想的なカラダになっていたらOKという事になります。

 

 体重の構成要素は、水分量、筋肉量、体脂肪量、骨量です。

 この中で皆さんが落としたいものは?

 体脂肪量だと思います。そして筋肉量は増やしたい。もしも筋肉量が落ちたらリバウンドや見た目がゆるゆるになって大変ですよね・・・

 

 体重ばかりを見ていた事で筋肉量もかなり減っていた、という事はよくある話なので、体重以外にも確認すべき要素がありますので、体重を参考にする時は、必ず”何で体重が落ちたのか”をチェックするようにしましょう。

 その中身が、あなたのスタイルの変化にそのまま表れてきます。

 

◎野菜を摂るようにしているからサプリメントは必要ない

 ⇒いいえ、野菜だけで栄養を飽和する事が難しい時代になっています。

 これは本当に主婦の方が多く仰るのですが『お野菜もしっかり摂るように料理も考えてますから大丈夫です。』というお話で、それは是非続けて頂きたい点ですが、現実は食べ物だけで理想的な栄養を摂る事は難しい時代です。

 

 それは、野菜の栄養価が昔に比べて下がっているからです。

 例えばトマト、、、ビタミンCの含有量が、1985年と比べて2005年には1/3に減っています。つまり、3倍トマトを食べなければ、1985年のトマトのビタミンCの摂取量にはならないのです。

 かといって、野菜を3倍食べるのは大変だし、お腹もパンパンになってしまいます。

 

 そこで、補うという意味を持つサプライに由来するサプリメントがあるわけです。

 食事で不足する栄養を、補うという位置づけです。

 

 食事を栄養を意識して作られることは、とても素晴らしい事で是非続けて頂きたいです。しかし、それと栄養が足りているかは、また全く別問題である事を理解しておかなければなりません。

 そうしなければ、勘違いによって、せっかく頑張っていたのにいずれ何かしらのトラブルがカラダにおきてしまうかもしれませんので、ご自身やご家族を健康に守るためには、今の思い込みを外し考え方を変えなければなりません。

 

以上が【思い込み重症編】の後編の解説でした。

 

これらは正しく知っておかないと、せっかくの努力が報われない可能性がありますので、是非正しい知識をもって、努力を結果にして頂けたらと思います。

 

次回からは、【思い込み軽傷編】を解説させて頂きます。

 

こちらは、間違ってはいないけど注意が必要な事をピックアップしました!

 

どうぞお楽しみに。

 

~東京・自由が丘・奥沢・田園調布・等々力・緑が丘周辺でパーソナルトレーニングジムをお探しの方は~

 

パーソナルトレーニングジム

HEARBTODY自由が丘